~広告~

2014年 F1日本グランプリ(鈴鹿サーキット J席から観戦)

鈴鹿F1観戦
この記事は約10分で読めます。

こんばんはハッピーサトさんです。

私が2014年鈴鹿サーキットにF1日本グランプリ観戦(2年目)したときの振り返りです。

昨年2013年はNAエンジン最後の年だからという理由で初めてF1観戦をした。

そう、一生に一度だけ・・・そう思いながら高額チケットを購入したのだ。

 

しかし!あの体で感じるエンジンサウンドと感動を忘れられず今年も観戦することに^^;

今年はヘアピンを過ぎたJ席で観戦した。

鈴鹿サーキット 公式サイト

~広告~

ターボエンジンの響き

フェラーリF14Tを駆るフェルナンド・アロンソ
鈴鹿F1ラストランとなったケータハムの小林可夢偉選手

最初に感じたのはエンジン音がとにかくおとなしいという事。

これは正直いうと残念な事だった。

 

昨年までは耳をふさぎたくなるほどの爆音。

もう耳の中でビリビリと鳴り響くあのエキゾーストノートはない。

F1のNAエンジンを聴いたとき、特にアイルトン・セナドライブしていたマクラーレンのホンダV12のサウンドには鳥肌が立った。

甲高いエキゾーストノートのNAエンジンに戻ってほしい気もする。

それくらいF1では、日常では味わうことのできない”速さ”と”音”を感じられることが興奮のカギになっていると感じる。

けどF1は音だけじゃない、それぞれのレース、それぞれのドライバー全員にドラマがあるから観るのをやめられない。

 

鈴鹿 F1 小林可夢偉
小林可夢偉選手

ドライバーのドラマと言えば、ここ鈴鹿で2012年に3位表彰台となった小林可夢偉さん。

ザウバー時代に鈴鹿で見せたヘアピンオーバーテイク無双、更には表彰台と大変に興奮させられた。

2013年はF1シートを獲得できずフェラーリ所属でGTカーをドライブ。

 

今年2014年は募金活動を経てどうにかケータハムでF1の舞台へ復帰。

しかし、ケータハムは財政難で戦闘力のないマシン・・・

この年を最後に可夢偉さんはF1から国内でのレース活動の場を移すことになった。

また、F1界に日本のドライバーやエンジン、チームが戻ってきて、F1が盛り上がってくれる日を見たい。

フェリペ・マッサの奮闘

名門ウィリアムズに移籍したフェリペ・マッサ

居心地の悪いフェラーリを去りウィリアムズに移籍したフェリペ・マッサ

今年はメルセデスエンジンを積んだウィリアムズが少し速さを取り戻した。

 

今年、マッサは古巣フェラーリの地元イタリアでは移籍後初の3位を獲得。

表彰台のマッサにティフォシが大声援を送ったのは感動的だった。

生き生きとした走りを見せるマッサには鈴鹿でも表彰台に上がってほしかった。

ここ鈴鹿では予選4位と好調のマッサだったが、台風接近の影響を受けた雨の決勝では順位を落とし、最終的には赤旗終了10位フィニッシュ。

 

ジュール・ビアンキの大事故で鈴鹿のグランプリは重たい空気に包まれたまま幕を下ろした。

レジェンドマシン&ゲスト

今年のGPスクエア会場には歴代のホンダエンジンを搭載したマクラーレンがずらりと並んだ。

マクラーレン・ホンダMP4/5B(1990年)
マクラーレン・ホンダMP4/6(1991年)
マクラーレン・ホンダMP4/7(1992年)

 

今年はレジェンドゲストとしてナイジェル・マンセルが来てくれた!

F1 マンセル 鈴鹿
ナイジェル・マンセル

自分はセナ・プロ時代でもマンセルの走りが好きだった。

当時、小学生だった私にはヒゲ姿で荒々しく走るマンセルの姿がとっても魅力的だった。

そして、ナイジェルマンセルが1986年にドライブしたウィリアムズ・ホンダFW11が展示されていた。

ホンダエンジン搭載での初コンストラクターズチャンピオンとなった。

レッドファイブ・・・見るだけであの頃を思い出しますね!興奮してきますね!

ウィリアムズ・ホンダFW11(1986年)マンセル車
ウィリアムズFW11のホンダV6エンジン

J席(ヘアピンとスプーンの中間)からの観戦動画

ヘアピンとスプーンの中間からの観戦の様子、J席から観戦するとこんな感じです^^

土曜日のF1フリー走行から・予選・決勝、レジェンドF1マシンのエンジン始動、ポルシェのレースなどなど収録。

エンジン始動動画はマクラーレンMP4/4(ホンダV6ターボ)とウィリアムズFW11(ホンダV6ターボ)を収録しています。

主な出来事

・予選結果 天候晴れ
1位 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1分32秒506
2位 ルイス・ハミルトン メルセデス
3位 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス
4位 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス
5位 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
6位 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー

 

・決勝結果 天候雨 19℃
1位 ルイス・ハミルトン メルセデス 1時間51分43秒
2位 ニコ・ロズベルグ メルセデス
3位 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
4位 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー
5位 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
6位 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス

 

・主なゲスト
 ナイジェル・マンセル 佐藤琢磨 ジョニー・ハーバート デビッド・クルサード


・フェリペ・マッサ、ウィリアムズ移籍後初めての鈴鹿ラン
・募金活動ののちケータハムから参戦の小林可夢偉は今年限りでF1撤退へ
・予選当日、セバスチャン・ベッテル今季限りでのレッドブル離脱が発表される
・台風接近の雨により決勝はローリングスタートするが2周目に赤旗中断
・ジュール・ビアンキ(マルシャ・フェラーリ)が重機に激突し意識不明に
・雨脚が強くなり事故も発生したため46周目に赤旗レース終了
・ルイス・ハミルトン(メルセデス)が鈴鹿初優勝
・観客動員数は15万人(3日間)と過去最低を記録

↓この年以外のF1観戦記はコチラ↓

それではまた!^^!

タイトルとURLをコピーしました