2019年 F1グランプリ日記まとめ

レッドブルホンダ マックスフェルスタッペン号 2019年シーズン
この記事は約16分で読めます。
~広告~

2019年 F1前半戦(第1戦~第12戦)

2019年F1もメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強という勢力図。前半12戦を終えましたがメルセデスの圧倒的な速さが目立ちました。

レッドブルホンダの優勝

一番エキサイティングだったは第9戦オーストリアGPでレッドブルホンダが優勝したことですね。やっぱり日本人としてはホンダの動向は気になるもので、2015年からマクラーレン(特にアロンソ?)との暗黒時代を経て、やっと努力が報われた瞬間に感動を覚えました。

これからもフェルスタッペンが勝利を重ねることで、かつてのホンダとセナのように、フェルスタッペンがホンダになくてはならない存在として盛り上げてほしいですね。

ニューボッタスとハミルトン

開幕戦オーストラリアではヒゲをたくわえたニューボッタスが優勝して「ハミルトン・ロズベルグ」のようなチームバトルも繰り広げられる期待が膨らみました。

ただ、ハミルトンの強さは別格で、モナコでは「死んだタイヤ」でフェルスタッペンの猛追を抑えきって優勝。ハンガリーでも意表を突く2ストップ作戦でフェルスタッペンを大逆転し優勝。

進化するボッタスと、精神的な強さを見せたハミルトンとのタッグ。そして昨年と違い高速だけでなく低速域でも強さを見せるメルセデスは圧倒的に強かったですね。

フェルスタッペンの逆襲

一方で、レッドブルはホンダのパワーユニットの進化で一気にメルセデスに追い付いてきました。第9戦オーストリアでは、フェルスタッペンがスタートで大失敗をしながらもコース上のバトルで追い抜き続け優勝。13年ぶりのホンダ優勝に貢献。

ウェットレースの第11戦ドイツでは再びスタート失敗しながらもフェルスタッペンが優勝。夏休み前の第12戦ハンガリーはフェルスタッペンが初ポールを勝ち取った。決勝は残り数周というところでハミルトンの大逆転で優勝を逃したものの2位フィニッシュ。

ここ数戦はチームをけん引するフェルスタッペンの速さが特に光ったし、レッドブルお膝元のレッドブルリンク優勝の表彰台ではホンダのロゴを指さしてた。苦労してきたホンダを称えるフェルスタッペンの気遣いには本当に感動しました。

後半戦にむけて

勢いのあるフェルスタッペンが後半戦でも優勝して、メルセデス一強の状況を崩す戦いを見てみたい。トロロッソから昇格したアルボンが速さを見せることが出来れば、レッドブルホンダのチームプレイにも期待が膨らむ。

フェラーリは戦略ミスやドライバーのミス、信頼性でチャンスを失ってきた。ベッテルに至っては期待のルクレールとは対照的に批判が集中。元チャンプの意地を見せる戦いも応援したいですね。

第13戦 ベルギー(スパ・フランコルシャン)GP

オールージュ F2の大事故

F1予選終了後のF2レースでは大事故が発生。ユベール選手が帰らぬ人となってしまった。黙祷してからF1決勝スタート。過去、TVや鈴鹿観戦で、ラッツェンバーガー、セナ、ビアンキの事故を見たときと同じように重い気持ちになった。悲しい事故が二度と起こらないよう祈りたい。

ユベールと幼馴染だったガスリー(トロロッソ・ホンダ)とルクレール(フェラーリ)。ガスリーはルクレールに「今日はユベールのために優勝して欲しい」とお願いし、そのルクレールはハミルトンを抑えきり祈願の初優勝。ガスリーも、降格したトロロッソでの初戦で果敢に攻め9位フィニッシュ。様々なドラマを背負いながらファイトする彼らを応援しつづけたい。

アルボンのオーバーテイクショー

オーストリア生まれベルギー育ちのフェルスタッペンが、地元で勝利する事を期待していた。それは1周目に崩れ去ってしまったけれど、昇格初戦のチームメイトのアルボンの凄まじいオーバーテイクに興奮させられた。後方17位スタートから鋭いオーバーテイクを繰り返し、最終的に5位フィニッシュ。

特にリカルド(ルノー)をアウトから抜いたり、最終ラップの芝生にはみ出しながらフルスロットルでペレス(レーシングポイント・メルセデス)をオーバーテイクする光景は驚いた。これほど気合の入ったオーバーテイクはなかなか見られるものじゃない。

それと、トロロッソ・ホンダの2人の戦い。決勝、クビアト7位、ガスリー9位と健闘。降格組として意地を見せながらも生き生きとレースを見せてくれている。苦労人の2人をこれからも応援していきたい。

主な出来事 
・決勝1周目1コーナーのラソースでフェルスタッペン接触、オールージュでリタイア 
・17周目ケメルストレートでスリーワイドバトル(ライコネン・ペレス・ガスリー) 
・ユベールのカーナンバーにちなみ19周目に観客がスタンディングオベーション 
・ファイナルラップで5位走行のノリスがスローダウンし11位完走扱い
・アルボン最終週にケメルストレートで芝生にはみ出てペレスを抜き5位フィニッシュ
・ルクレールがユベールに捧げる初勝利 

第14戦 イタリア(モンツァ)GP

ルクレール快進撃

悲しみの中でのベルギー初優勝から1週間。ルクレールが地元でフェラーリを優勝に導いた。2戦連続のポールトゥウィンを見せつけてくれたが、迫るハミルトンとボッタスのプレッシャーに耐え抜き、逆にメルセデス2人のミスを誘った。21歳とは思えない心臓の強さ。フェラーリの地元モンツァ優勝は2010年のアロンソ以来。レース後の名物なだれ込みでモンツァのホームストレートは大勢のティフォシで紅く溢れかえった。

一方で、ベッテル(フェラーリ)は4番手走行中にアスカリで単独スピンのミスを犯し戦線離脱。フェラーリのナンバー1論争に拍車をかけてしまう形になった。後半戦、このままルクレールは勢い付き、ハミルトン、ボッタス、ベッテルが追う展開になるのか。スペック4のパワーユニットに交換したレッドブル・ホンダの戦いも楽しみだ。

・主な出来事
・F3レースのパラボリカでソーセージ縁石で跳ねたマシンが宙に舞う大事故が発生
・F3レースで角田裕毅が優勝
・F2レースで松下信治が優勝
・予選Q3終了間際に壮絶な譲り合いの結果、2台しかアタックに間に合わない珍事
・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)最後尾スタートから8位フィニッシュ
・ベッテル(フェラーリ)が4位走行中にアスカリで単独スピンのミス
・42周目、1位ルクレールの背後に迫るハミルトンが(メルセデス)ターン1でミス
・51周目、1位ルクレールの背後に迫るボッタス(メルセデス)がターン1でミス
・ルクレール2連勝。2010年以来のフェラーリ地元優勝に貢献

第15戦 シンガポール(シンガポール市街地コース)GP

ベッテル 逆境からの脱出へ

ベッテル(フェラーリ)がついに今季初優勝。2連勝で勢い付く後輩ルクレールの後塵を拝し、地元モンツァでの単独スピンで逆境に立たされたベッテル。フェラーリ不利とみられていたシンガポールだったが、ルクレールにポールは奪われたもののベッテルは予選で速さを見せ、決勝ではついに22戦ぶりの勝利となった。

久々の勝利を喜ぶベッテルの姿はF1ファンとして嬉しかった。逆境に打ち勝つレーサーのリアルなドラマは心に響く。レース後にインタビューを受けているベッテルの背後からハミルトン(メルセデス)が歩み寄って肩をポンとして「great job」と声をかけた。苦しいレースで表彰台に上がれなかったハミルトンがライバルの勝利を称え、笑顔でハグする2人の姿。最高のハッピーエンディングだった。

主な出来事

・シャルル・ルクレール(フェラーリ)3戦連続ポールポジション
・決勝終盤に3度セーフティーカーが出動
・セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が22戦ぶり今季初優勝
・フェラーリ2017年ハンガリー以来の1・2フィニッシュ
・フェラーリ2008年以来の3連勝

PP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
1位 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位 シャルル・ルクレール(フェラーリ)
3位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

第16戦 ロシア(ソチ・オートドローム)GP

紳士協定がもたらしたフェラーリの自滅

4戦連続ポールを勝ち取ったルクレールだったが、決勝の1コーナーを制したのはベッテル。しかし、どうやらレース前の決め事では1コーナーでバトルをしない事になっていたらしい。チームは無線でベッテルにルクレールをトップに戻すよう指示するも、ベッテル譲らず・・・。まぁでも自分がベッテルだったら、「いいスタートを切って1コーナーでは既に前に出ていた。真横に並んだわけじゃない。だから自分のレースだったんだ。」ってなるんじゃないかな。

そもそも競争の世界で紳士協定はトラブルのもとになるよね。セナ&プロストの時も、ヴィルヌーブ&ピローニの時も。今回のレース、実際にどんな内容の決め事をしていたか分からないけど、2位、3位ではなくチャンピオンを獲りたい2人だからこそ、今後ギクシャクしていくと思う。

今回のレース、この紳士協定をきっかけにチームが2人に対して忖度して、戦略を変えなきゃとあたふたしてズルズルと自滅に向かった感じだった。それも、ベッテルのリタイア後のセーフティーカーが決定打になるとは・・・なんと皮肉な結末。ちょっとガッカリな展開でした。

最終的にホンダ勢、9番グリッドスタートのフェルスタッペンが4位、ピットスタートのアルボンが5位フィニッシュと、追い上げを見せてくれたのがロシアGPの救いだった。次戦はホンダのホーム鈴鹿。フェルスタッペンの優勝をぜひ見てみたい。

最後にF2ではトップを争えたであろう松下選手が、ひどい貰い事故でクラッシュしリタイア。赤旗でしばらくリプレイが出なかったので心配だったけれど、どうやら重大な怪我は負っていないようで安心した。

・主な出来事

・シャルル・ルクレール(フェラーリ)4戦連続ポールポジション
・1周目ベッテルが紳士協定を破りオーダー守らず?
・セバスチャン・ベッテルがトラブルでストップしセーフティーカー
・ルイス・ハミルトンがハンガリーGP以来4戦ぶりの優勝
・メルセデスが10戦イギリス以来の1-2フィニッシュ
・ピットスタートのアレクサンダー・アルボンが着実に追い上げ5位

PP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
1位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3位 シャルル・ルクレール(フェラーリ)

第17戦 日本(鈴鹿)GP

悔しい接触フェルスタッペン

今回はホームレースの鈴鹿でレッドブル・ホンダのフェルスタッペン優勝!なんて期待していたのだけど、予選ではフェラーリとメルセデスに大きく離されてしまった。決勝は5番手からスタートするも、1周目の2コーナーでルクレールと接触しはじき出されてしまった。大きな期待を寄せていただけに、このシーンは本当に残念だった・・・。レース後の審議となったけれどフェルスタッペンのレースは戻ってこない。15周目にフェルスタッペンはリタイア。ホンダ勢ではレッドブルのアルボンが4位、トロロッソのガスリーが8位フィニッシュ。両チームがポイントをゲットしてくれたのが、せめてもの救いだった。

それと金曜FP1でトロロッソから出走した山本尚貴。妻がモヤさま2の狩野アナだったと初めて知って更に応援したくなった。初走行でクビアトとのタイム差は0.09秒とほぼ同タイム、引き継いだガスリーもセットアップがうまく決まったみたいだし、この走行が今後(F1)に繋がってくれたら嬉しい。日本人ドライバーが再び参戦してくれれば今年よりも更に盛り上がるし。それと、これからも鈴鹿でのF1レースを見続けたいと思った。

ボッタスとベッテル意地のレース

1周目は色々な混乱(ベッテルのスタートミス、ルクレールとフェルスタッペンの接触)があって3番手スタートのボッタスが首位へ。後方とギャップがあって単独1位のボッタスは中継のほとんど映らなくなっちゃったけど、久々のボッタス勝利は嬉しかった。表彰台の頂上で誰よりもシャンパンをじっくり味わってたボッタス、喜びも相当大きなものだったのでしょうね。

一方でベッテルも得意の鈴鹿で意地のレースを見せ2位フィニッシュ。スタート前に完璧に動いた”疑惑”のスタートだったけれどお咎めなし。終盤は後方から迫るハミルトンを抑えきった。ストレートで早いフェラーリ、それでも最終ラップはぴったり背後につかれたが、1コーナー入口で切れ味良くブロック。このシーンには興奮させられた。

ボッタスはハミルトンに対して、ベッテルはルクレールに対して、2人とも予選からチームメイトに打ち勝ち、意地を見せてくれた。今回は各地に大きな被害をもたらした台風19号の影響で、土曜日は全てのスケジュールがキャンセルになったりと、不安をかかえながら日曜日を迎えたけれど、今年も素晴らしい興奮のレースを楽しませてくれた。

主な出来事

・18年チャンプ(SF・GT)の山本尚貴がトロロッソホンダからFP1出走
・台風19号の影響により土曜日の日程がすべて中止。予選・決勝を日曜日に実施
・決勝スタート前に動いたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)フライング判定なし
・決勝1周目マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が接触、リタイアへ
・バルテリ・ボッタス(メルセデス)が第4戦アゼルバイジャン以来の勝利
・システムの不具合により1周早くチェッカーが振られ終了
・メルセデスがコンストラクターズ優勝(6連覇)が決定

PP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
1位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2位 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位 ルイスハ・ミルトン(メルセデス)

第18戦 メキシコ(エルマノ・ロドリゲス・サーキット)GP

流れを失ったフェルスタッペン

フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のグランプリ後半戦での勝利を待ち望み応援しているけれど、前回の鈴鹿では1周目に接触、そして今回のレースでも1周目で接触し押し出されてしまった。そのあと、スタジアムセクションで更にボッタス(メルセデス)と接触しパンク、最後尾へ。自分で招いた部分もあるけれど予選から流れを失っていたのかな。

結果的には最後尾から追い上げ、チームメイトのアルボンの後ろ6位でフィニッシュ。予選の速さと決勝の速さからすれば表彰台を争えただろうから余計に残念。クビアト(トロロッソ・ホンダ)は接触ペナルティで11位降格したけれど、ホンダ勢としては4台揃ってポイント圏内で戦えたのが救いだった。

セルジオ・ペレスの存在

それにしても、34万6000人の観客動員数を記録する地元で7位フィニッシュのペレス(レーシングポイント)への歓声はすごかった。ストレートで幅寄せされながらもクビアトをオーバーテイクしたときは、中継からも凄い歓声が聞こえてきたし、リカルド(ルノー)も抑えきった。チーム存続(フォースインディア)に動いたり、メキシコGPをこれだけ盛り上げたり、F1にとって重要な存在ですよね。

主な出来事

・予選Q3ポールのフェルスタッペンが黄旗無視で3グリッド降格
・決勝1コーナーで2列目スタートのルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が接触
・観客動員数34万6000人

PP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
1位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)

第19戦 アメリカ(COTA)GP

ハミルトン 6度目のタイトル

今回はポールトゥウィンを遂げたボッタス(メルセデス)のレースだった。1位走行から中盤36周目にタイヤ交換でハミルトンの約10秒後ろで復帰するも、残り4周でオーバーテイクし首位に浮上し優勝した。そして2位のハミルトン(メルセデス)は自身6度目のタイトルを決めた。

予選では早いフェラーリだったが決勝では今一つのペース。ルクレールは辛うじて4位フィニッシュを果たしたが、ベッテルは8周目にリアサスペンションアームを折ってリタイア。

一方、レッドブル・ホンダはフェルスタッペンが3位表彰台。アルボンは1周目の接触から最後尾に落ちたが、見事な追い上げで5位フィニッシュ。レッドブルの2人は、何かと最後尾からの追い上げで上位フィニッシュを果たしてくれる。今シーズンも残すところ2戦、レッドブル・ホンダの優勝に期待!

主な出来事

・ルイス・ハミルトン(メルセデス)6度目のF1ワールドチャンピオン獲得

PP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
1位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

第20戦 ブラジル(インテルラゴス・サーキット)GP

ホンダ1-2フィニッシュ

最後の最後まで読めない展開ですごく興奮したレースだった。SCが入ったり接触があったり。首位のフェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はSC出動でピットし一度ハミルトンに首位を明け渡すも、危なげない走りでオーバーテイクしポール・トゥ・ウィン。

そして、今回の本当の主役はガスリー(トロロッソ・ホンダ)。予選6位を勝ち取る強さを見せ、決勝でも着々と2位までポジションを上げる。最終ラップ最終コーナーから猛追してきた3位ハミルトンに並びかけられたが0.062秒差で2位の座を守り切った。

ホンダのPUを搭載したレッドブルとトロロッソが1-2フィニッシュを飾り、リストラ組のガスリーがF1で初表彰台。ガスリーが並走しながらも耐えて2位フィニッシュした時は涙が出た。ホンダとガスリーの復活劇、色々なものが一気に報われる素晴らしいレースだった。朝から興奮と感動のドラマに感謝。

最終コーナーのドラマ

ブラジルは最終コーナーからのドラマが脳裏に焼き付いてる。大好きなフェリペ・マッサ(当時フェラーリ)の2008年の幻のチャンピオン。あの時は天国から地獄だった。そして、今回のガスリーは守りきったハッピーエンド。どちらも最終ラップ最終コーナーでハミルトンがからむドラマ。

それと、フィニッシュ後のガスリーの雄叫び。あの叫びを聞いたときに、1991年にブラジルでアイルトン・セナ(当時マクラーレン・ホンダ)が初優勝した時の叫びを思い出した。あの頃を思い出すと、ちょっとしんみりする。悲しい事故も多くあった。それでも今回のように叫んだり涙する感動のレースドラマがある。ずっとF1が好きでよかった。

主な出来事

・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が初のポール・トゥ・ウィン
・ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が2位。F1で初の表彰台
・カルロス・サインツが最後尾スタートから3位。F1で初の表彰台
・フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが同士討ちリタイア
・ホンダ、1991年の日本GP以来の1-2フィニッシュ
・トロロッソ、2008年優勝以来の2位表彰台

PP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
1位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2位 ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
3位 カルロス・サインツ(マクラーレン・ルノー)

第21戦 アブダビ(ヤス・マリーナ・サーキット)GP

来年の勢力図

最終戦の表彰台3名が今年のF1を象徴する3人でしたね。11勝でチャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)、ホンダと共に感動の3勝を手に入れたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、チーム内で衝突しながらも移籍初年度でベッテルを上回る2勝をあげたシャルル・ルクレール。

この3人による2020年のタイトル争いを期待してしまいます。ハミルトンがタイトル防衛するのか、勢い付くチャレンジャーのフェルスタッペン、ルクレールがチャンプを倒すのか。もちろん、ボッタスとベッテルも立ちはだかると思うのですが。

今年はメルセデス1強ではなく、特に後半からレッドブル・ホンダとフェラーリが強さを見せてくれたので面白いシーズンでした。低迷に苦しんだホンダの見事な復活劇や、ベルギーの悲劇を乗り越えたルクレールの優勝、そしてリストラ組のガスリーとクビアトの表彰台。

今年は悲しい事故があり、改めてモータースポーツは命をかけた戦いであると再認識しました。一方で、ライバルやチームメイトとの闘い、各ドライバー1人ひとりのドラマも多く、F1の面白さが凝縮された一年に感じました。

主な出来事

・DRSが19周目までサーバートラブルで使用できず
・ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とロバート・クビサ(ウィリアムズ・メルセデス)がF1ラストラン
・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がドライバーズランキング3位
・ルイス・ハミルトン(メルセデス)が50回目のポールトゥウィン
・燃料搭載量の申告不一致でフェラーリ(ルクレール車)に約600万円の罰金

PP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
1位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3位 シャルル・ルクレール(フェラーリ)

2020年の開幕が待ち遠しい!

それではまた^^

Formula1 公式サイト

2019年のF1世界選手権 – Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました