2020年 第1戦 F1オーストリアGP

レッドブル・ホンダ マックス・フェルスタッペン号 2020年シーズン
この記事は約3分で読めます。

コロナウイルス拡大の影響で遅れたF1開幕戦。

昨年の最終戦アブダビGPから待ちに待ち続け7カ月・・・長かった。

 

本来の開幕戦オーストラリアGPが金曜日のセッション直前にキャンセル。

F1も世界もどうなってしまうのかと不安に突入していった3月。

それから日本は緊急事態宣言、自粛生活期間を経て、

何とか無観客レースという形で4カ月遅れでスタートしてくれた。

 

どんな形であれシーズンスタート。

そして今年はレッドブルホンダのホームでの開幕戦。

ということで、なお更期待が高まっていた・・・のですが。

~広告~

再起動でも復活せず

決勝2位走行のフェルスタッペン(レッドブルホンダ)が電気系トラブルでまさかのスローダウン。

終盤にはアルボン(レッドブルホンダ)もハミルトン(メルセデス)と接触後に電気系トラブルでリタイア。

本拠地でレッドブルホンダは全滅となってしまった。

 

フェルスタッペンはアンチストールがオンになってしまったとの事。

モード変更、ステアリング交換、パワーユニットの再起動したが駄目でリタイア。

 

F1って華やかな世界で我々の暮らしとは完全に別次元って感じがする。

けど、トラブルを再起動で対処って我々のパソコン不具合時みたいで何だか親近感。

現代のF1は特に電気的制御、ソフトがないと動かないという感じですね。

勢力図に大きな変化

さて、フリー走行時点から蓋を開けてみればガラッと勢力図が変わった!

開幕直前でマシンカラーをブラックへ変更したメルセデスは今年も断トツの速さ。

そして昨年ホーム戦で優勝を遂げたレッドブル。

その次に来るはずのフェラーリは中団に沈む。

一方で速さを見せたのがレーシングポイントとマクラーレン。

 

昨年は、苦しい時代から復活の兆しを見せたホンダを応援。

そしてレッドブルリストラ組のクビアトとガスリーを応援していた。

今年は沈んでいた名門マクラーレンも、レーシングポイントも輝きそう。

ってことでぺレスパパも今年は光ってくれそう・・・応援します。

 

応援するドライバーですが、いきなりスター街道を歩むドライバーよりも、

不遇や挫折を味わったドライバーに情が移り、つい応援してしまう。

苦労を味わった人が這いあがってきたり、スポットライトが当たる姿に、勇気や感動を覚える。

 

というのも、自分はブラック企業で多くの犠牲を払いながら10年以上耐えてきた

今は転職を果たし自由な時間も増え、家族と健康で幸せな日々を送っていますが。

 

今年は勢力図が変わりチームもドライバーも応援しがいがありそうです。

さて次戦、フェルスタッペン・ホンダの優勝を期待!

主な出来事

PP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

1位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)

2位 シャルル・ルクレール(フェラーリ)

3位 ランド・ノリス(マクラーレン・ルノー)

 

・コロナウイルス拡大の影響で4カ月遅れでシーズンスタート

・ルイス・ハミルトン(メルセデス)予選黄旗無視

 決勝3グリッド降格(5番手スタート)

・ホームレースのレッドブル・ホンダは電気系トラブルで全滅

・バルテリ・ボッタス(メルセデス)が開幕戦ポールトゥウィン

・ランド・ノリス(マクラーレン・ルノー)が3位、初の表彰台

・ルイス・ハミルトン(メルセデス)決勝で

 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)と接触

 ペナルティ5秒加算のため4位フィニッシュ

・完走11台のサバイバルレース

タイトルとURLをコピーしました