~広告~

2020年 F1第6戦 スペインGP(そしてインディ500)

GP日記
この記事は約2分で読めます。

第6戦はスペインのカタロニアサーキット。

イギリス2連戦の波乱含みのレースとは打って変わって今回は動きのないレースだった。

”いつも通り”ハミルトンがポール・トゥ・ウィン。

実力面から言えばこれが正しいレースリザルトだがつまらない。

けど波乱だらけのレースはそれはそれで実力関係なしのリザルトになり納得に欠ける。

バランスって難しい。

上位3チームくらいが拮抗してくれると良いのだが。

それは2年先くらいになってしまうのか・・・?

 

それよりも!それよりも!

今回はF1よりもインディ500のニュースが劇的!

佐藤琢磨がインディ500優勝!

2017年に続き2回目の優勝を飾るなんて夢のよう!

しかも、2012年インディ500優勝を狙い最終ラップでクラッシュしたボビー・レイホールのチームで。

信じられないような奇跡の恩返し。

 

佐藤琢磨さんが貫き続ける信条。

「ノーアタック、ノーチャンス」

挑戦なくしてチャンスなし

”挑戦”と言葉にするのは簡単だけど、それを実行し続けるのは難しい。

この勝ちに行くための攻めのレース姿勢はF1時代からずっと変わらない。

 

大人になると変化が怖いし、現状維持や守りに入りがち。

でも、どうせなら楽しく自分らしく生きたい。

みな平等に人生一度きり。

そうだよ!自分も常に挑戦してチャンスを掴み取っていく人生を作りたい!

そんな勇気や夢を与えてくれる佐藤琢磨さんのレースだった。

ありがとう佐藤琢磨さん!

 

また優勝ミニカー買っちゃうかな♪

でもミニカー高いのよね。

ちなみに2017年のインディ500優勝の佐藤琢磨ミニカー、

64分の1サイズを3,000円くらい、43分の1サイズを15,000円くらいで入手した。

 

今回はちょっとF1から脱線してしまった。

それではまた^^!

~広告~

主な出来事

PP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

1位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

2位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

3位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)

 

・セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1ストップ戦略で7位獲得でドライバー・オブ・ザ・デイ選出

・ウィリアムズが投資会社ドリルトンキャピタルに売却決定、チーム名は存続へ

タイトルとURLをコピーしました