アドセンスの広告カテゴリ・ジャンルを設定・管理する方法

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。

こんばんはハッピーサトさんです。

他の方のブログを見ていると興味津々の広告に遭遇しワクワク・・・

一方で自分のブログに掲出されるアドセンス広告の種類管理をしばらくしていなかった。

 

ってことで久々にカテゴリ別の広告の許可・除外などを設定しました^^;

今日はグーグルアドセンスの管理画面から広告を設定する方法についてのお話です。

実際の管理画面を参考にしながら紹介します。

自分のサイトなので記事だけでなく、自分で広告までコントロールすると気持ちが良いですよ☆

~広告~

アドセンス広告を個別に管理(掲載・非掲載)する方法

グーグルアドセンスの管理画面からは広告を個別に管理することが出来る。

広告A(化粧品)は表示されても良いけど、広告B(金融系)は自分のサイトに表示しませんよ、という設定が出来る。

具体的に見ていきましょう。

 

まずは、グーグルアドセンスのメニューの赤枠箇所「ブロックのコントロール」をクリック。

今度はその中から赤枠箇所「広告レビューセンター」をクリック。

そして上部の赤枠箇所「申請前」の「優先的に審査or表示回数が最も多い」をクリックすると広告一覧が出てくる。

これは自分のサイトに表示される広告の一覧となっている。

右下の赤枠箇所で別のページに移動できる。

もしも、この一覧の中で「自分のサイトには合わないから表示したくないなぁ」という広告があれば、除外することが出来る。

下の画像のように広告枠の左下をクリックすると「この広告をブロックします」と設定が出来る。

最後に右下の「すべて審査済みとしてマーク」を押すと設定完了。

これで、除外した広告は自分のブログには表示されないようになる。

アドセンス広告をカテゴリ別に管理する方法

今度は個々に広告に管理するのではなく、カテゴリーで一括管理する方法。

デリケートなカテゴリの広告管理

グーグルアドセンス管理画面のメニューの「ブロックのコントロール」→コンテンツの「全てのサイト」又は「該当サイト」をクリック(左の赤枠箇所)。

そして中央赤枠箇所の「デリケートなカテゴリ」をクリック。

すると下の画像のようなカテゴリ一覧となる。

例えば「宗教に関する広告は表示したくない」「アルコールの広告は表示したくない」など希望があれば、表示したくないカテゴリ右側の赤枠箇所をクリックするだけ。

すると「ブロック済み」のカテゴリになり設定完了となる。

ブロック済みにしても、いつでも「許可」に修正することも可能。

ここで設定をしておけば、「許可済み」のカテゴリ広告しか自分のブログには表示されない。

一般カテゴリの広告管理

先ほどはデリケートなカテゴリでしたが、今度は一般的なカテゴリの管理について。

先ほど同様にメニューの「ブロックのコントロール」→「全てのサイト」又は「該当サイト」をクリック。

そして下の画像の赤枠箇所「一般カテゴリ」をクリック。

すると下のような画面になる。

この画面でカテゴリ別で「許可・ブロック」を選択することが出来る。

青字のカテゴリをクリックすると更に詳細なカテゴリで設定が出来る。

例えば、「アパレル」をクリックすると下のような詳細カテゴリ別で広告の「許可・ブロック」が設定できる。

「アパレル」の「衣類」をクリックすると下のように、更に詳細に広告の「許可・ブロック」を設定できる。

このように一般的なカテゴリでも「許可・ブロック」をクリックだけで簡単に設定できる。

さいごに

今日はアドセンス広告の管理について紹介しました。

基本的にはグーグル側で審査済みの広告なので「怪しい広告」はないです。

ただ、「デリケートなカテゴリの広告」については気になったのでブログ立ち上げ時に一度設定しました。

どんな広告なのか分かりませんが「宗教」の広告は要らないなと思ったので^^;

 

そして暇な時間があれば「広告の個別設定」をしています。

「へーこんな広告があるんだ♪」と楽しいので^^;

たまにですが、これは絶対クリックしないでしょ(デザイン的・ジャンル的・海外向け英字広告など)な広告はブロック設定しています。

 

まだアドセンス広告管理をしていなければお試し下さい。

それではまた^^!

↓ブログに掲載するアドセンス広告の配置と種類についてはコチラ↓

タイトルとURLをコピーしました