~広告~

2021年F1 高速サーキットのランキング(平均速度順)

GP日記
この記事は約10分で読めます。

おはようございますF1大好きハッピーサトさんです。

今年はホンダの第4期F1参戦ラストイヤーと寂しい気持ちの一方で、レッドブル・ホンダが王座獲得に向けて接戦を繰り広げてくれている。

という事で応援にかなり熱が入ってしまいます^^;

今年は初登場のジッダ市街地コースや、久々に復活のザントフォールト、高速化改修されたアルバートパークなどがあり想像できないバトルが生まれそうです。

 

なかでも手に汗握る高速サーキットでのバトルはこちらも興奮する。

2021年シーズンのコースで一番高速なのはどのサーキットなのか調べてみました。

~広告~

2021年F1サーキットの平均時速ランキング

今シーズンのサーキットの平均速度が高い(速い)順に並び変えてみました^^

直近年の予選Q3トップタイムの平均時速で表を作りました。

平均時速の最速サーキットはどこなのか!

そして高速化改修のアルバートパーク・サーキットはどの位置なのか。

ドドン♪

2021年 高速サーキットランキング↓

順位ラウンドグランプリサーキット平均速度(Q3トップ車)
114イタリアGPモンツァ264キロ(2020年)
221サウジアラビアGP ※2ジッダ市街地253キロ
310イギリスGPシルバーストン252キロ(2020年)
4中止オーストラリアGP ※2アルバート・パーク251キロ? ←236キロ(2019年)
512ベルギーGPスパ・フランコルシャン249キロ(2020年)
68&9オーストリアGPレッドブル・リンク247キロ(2020年)
72エミリア・ロマーニャGPイモラ240キロ(2020年)
8中止日本GP鈴鹿240キロ(2019年)
97フランスGPポール・リカール238キロ(2019年)
1015ロシアGPソチ・オートドローム231キロ(2020年)
1119サンパウロGPインテルラゴス230キロ(2019年)
121バーレーンGPバーレーン223キロ(2020年)
13中止カナダGPジル・ヴィルヌーヴ223キロ(2019年)
144スペインGPカタロニア222キロ(2020年)
153ポルトガルGPアルガルヴェ219キロ(2020年)
1617アメリカGPCOTA216キロ(2019年)
1711ハンガリーGPハンガロリンク215キロ(2020年)
186アゼルバイジャンGPバクー市街地215キロ(2019年)
1922アブダビGPヤス・マリーナ210キロ(2020年)
2018メキシコシティGPエルマノス・ロドリゲス207キロ(2019年)
2116トルコGP ※3イスタンブール199キロ(2020年 FL)
2213オランダGP ※1ザントフォールト195キロ?
23中止シンガポールGPシンガポール市街地189キロ(2019年)
245モナコGPモンテカルロ市街地171キロ(2019年)
2520未定未定
※1 初開催のRd13オランダは2020年のマックス・フェルスタッペンのデモランタイムから計算(2012年マシン)
※2 Rd21(中止)オーストラリア、Rd22サウジアラビアはシミュレーションによる平均時速にて記載
※3 トルコは昨年予選雨のため決勝のファステストラップのタイムから計算

結論からいくと、高速サーキット第1位イタリアのモンツァの時速264キロでした^^!

第2位は初開催サウジアラビアのジッダ市街地コースの平均速度253キロ(シミュレーションより)。

新登場のコースでの高速バトルもとても楽しみですね^^

3位はお馴染みイギリスのシルバーストーンで平均時速252キロ。

 

そして、高速化改修工事を行っているオーストラリアのアルバートパーク・サーキットが平均時速251キロで第4位へ一気にジャンプアップ。

ただ、残念なことにコロナの影響でオーストラリアGPは中止になってしまいました><

2022年に新レイアウトでのレース実施を期待して待ちましょう。

第5位は夏休み明けの開催が恒例となっているベルギーのスパ・フランコルシャンで平均249キロとなっている。

そして一番低速のコースは勿論モナコGPの舞台モンテカルロ市街地コース。

低速コースですが「他のレースの3勝の価値がある」とされる伝統のレースで、素晴らしいバトル(ブロック^^?)が何度もありましたね^^

近年はマシンが大型化していることもありレースではより抜けないサーキットになってしまっており、レイアウト変更の検討も行われている。

アルバートパーク・サーキットの「高速化」改修工事の様子

2021年の開催が中止となってしまったF1オーストラリアGP。

舞台となるアルバートパーク・サーキットの改修工事のニュースも流れていました。

改修目的は「コースの高速化!」。

オーバーテイクを増やすための高速化とのことです。

高速と聞くと、つい興奮しちゃう^^;

1996年にアルバートパークでF1初開催されてからレイアウト変更は初めて。

それまでは市街地アデレードのコースでしたね^^

「雨のナカジマ」中嶋悟さんの1989年の雨のファステストラップや、逆に1991年の悔しい雨のクラッシュからのF1引退が懐かしいです・・・。

 

それはさておき、改修工事の様子が公式YouTubeにアップされていました。

今回のレイアウト変更で湖そばのターン11&12(右&左コーナー)が直線化され、シミュレーションでは平均速度が15km/h速くなるという。

結果として平均時速236km/hが251km/hとなり、ラップタイムは1分21秒から1分15秒8へと約5秒短縮される見込み。

他の数コーナーもコース幅が広げられるので、2022年はこれまでとは違う新たなバトルが見れそう。

ワクワクしますね^^!

建設中のサウジアラビア ジッダ市街地コース

今年の高速ランキング暫定2位(平均時速253キロ)のジッダ市街地コース。

建設工事が進みコースの全景が見えてきました。

市街地コースと言っても全長6.175kmものロングコースで、スパ・フランコルシャン(7.004km)に次ぐ第2位の長さになる。

最終戦の一つ前のナイトレースでのグランプリ、12月まで首を長くして楽しみに待ってみましょう^^

さいごに

という事で今日は2021年F1サーキットの平均時速ランキングでした。

1990年前後までは「真夏の高速3連戦」なんて溶けるほど魅力的なカレンダーもありましたね^^!

 

いや、しかし今年だって既に興奮のシーズンですよね^^

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのチャンピオン?角田裕毅さんの表彰台?

実現しちゃいそうな色々な期待が溢れたシーズンになりそうですもんね♪

それではまた^^!

↓2021年の最新F1ゲーム(プレステ)↓

F1公式ホーム (formula1.com)

タイトルとURLをコピーしました