~広告~

ホンダ初期の葉巻型F1マシン全6台 F1参戦第1期(1964~1968年)

ホンダ
この記事は約4分で読めます。

今日は懐かしいホンダ初期葉巻型F1マシンの写真紹介です^^

ホンダがF1初参戦した1964年から撤退を決めた1968年までの第1期ホンダF1マシン全6台。

写真は主にツインリンクもてぎのホンダコレクションホールで撮影したものです。

それではレッツゴー!

Honda Collection Hall|Honda公式サイト

~広告~

ホンダRA271(1964年)

・異例の横置水冷エンジンホンダV12(220馬力、最高回転数11,500rpm)

・エキゾーストパイプは3本束にされ上側2本、下側2本にて排気

アルミモノコックとスペースフレームで車体を構成

・フロントもリアもインボード式のサスペンション

・タイヤはダンロップ

※ドライバーはロニー・バックナム

↓RA271のコラボ腕時計はコチラ↓

ホンダRA272(1965年)

メキシコGPでF1初優勝

横置水冷ホンダV12エンジン(230馬力、最高回転数12,000rpm)

・エキゾーストパイプは3本束にされ上側2本、下側2本にて排気

・アルミモノコックとスペースフレームで構成

・リアサスペンションはアウトボード式へ変更

・タイヤはグッドイヤー

※ドライバーはリッチー・ギンサ―とロニー・バックナム

ホンダRA273(1966年)

縦置きに変更、水冷ホンダV12エンジン(420馬力、最高回転数11,500rpm)

・エキゾーストパイプは3本束×4本すべてが上側に集約された

・アルミモノコックとスペースフレームで構成

・リアサスペンションはアウトボード式を継続

ノーズにエアインテークを採用

・タイヤはグッドイヤー

※ドライバーはリッチー・ギンサ―とロニー・バックナム

ホンダRA300(1967年)

↓ホンダRA300のデモラン動画↓

イタリアGPで優勝(通算2勝目)

縦置水冷ホンダV12エンジン(430馬力、最高回転数11,500rpm)

・エキゾーストパイプは3本束×4本すべて上方に集約

シャシー製作はローラが担当

・リアサスペンションはアウトボード式を継続

・タイヤはファイアストン

※ドライバーはジョン・サーティース

ホンダRA301(1968年)

縦置水冷ホンダV12エンジン(440馬力、最高回転数11,500rpm)

吸気をエンジン内側、排気を左右外側にレイアウト変更

・フロントノーズフィンとリアウィングを採用

マグネシウムモノコックを採用(シャシー製作はローラ)

・サスペンションはフロント・リアともにアウトボード式を採用

・タイヤはファイアストン

※ドライバーはジョン・サーティース

ホンダRA302(1968年)

縦置空冷ホンダV8エンジン(420馬力、最高回転数9,500rpm)

・ノーズ先の穴が無くなり、エンジン空冷のためのエアインテークを装備

・ロールバー後方に左右分断型のウィングを採用

・エキゾーストパイプは3本束×4本すべて上方集約

マグネシウムモノコック・シャシーを採用

・リアサスペンションはアウトボード式を採用

・タイヤはファイアストン

※フランスGPのみ出走、ドライバーはジョー・シュレッサー

さいごに

第1期のF1撤退はRA301で参戦していた1968年に決まった。

ローラと組んでマシンを改良したが勝利には結びつかず、また、同年のフランスGPでRA302でジョー・シュレッサーが事故死したことも影響した。

 

ホンダF1第1期、2期、3期とも成績不振や強さに陰りが出ててきた時期での撤退だった。

しかし、F1第4期の2021年はライバルに強さを見せつけている中での撤退となる。

色々と悔しい思いをしてきたのですから、最後の最後チャンピオンの座についたままF1を去って欲しい・・・

それで、お願いだからまた戻ってきて><!

それではまた^^!

第2期(黄金期)のマシンはコチラ

タイトルとURLをコピーしました