~広告~

1987年以降に参戦したF1チームの変遷表 あのチームは今・・・

調べてみた
この記事は約15分で読めます。

こんばんはハッピーサトさんです^^!

F1の各チームには長い歴史がある。

名門と言われるような歴史あるチームもあれば、コロコロと名称を変えるチームもある。

また、何かとお金のかかる世界のため短期間で消滅してしまうチームも。

 

今回はF1中継がフジテレビでスタートした1987年以降に参戦した各チームの変遷を振り返ってみます。

ちなみに1987年当時からチーム名も変わらずに存続しているのはフェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズの3チームだけ。

それでは行きましょう^^!

~広告~

1987年以降に参戦したF1チームの変遷表

早速ですが、1987年以降に参戦しているチーム変遷を表にまとめてみました。

キリがないのでここでは2000年までの推移を確認をしてみます。

※基本的にはチーム名をベースに表を作っています。

右にスライドしていくとあのチームの今を確認できます^^!

前身チームF1参入年19871988198919901991199219931994199519961997199819992000・・・現在2021
同一1966年~参戦マクラーレンマクラーレン・・・マクラーレン
同一1969年~参戦ウィリアムズウィリアムズ・・・ウィリアムズ
同一1950年~参戦フェラーリフェラーリ・・・フェラーリ
トールマン1986年~参戦ベネトンベネトン・・・アルピーヌ
同一1970年~参戦ティレルティレルBARBAR・・・メルセデス
同一1978年~参戦アロウズアロウズフットワークフットワークアロウズアロウズ2002年後半に撤退 
同一1976年~参戦リジェリジェプロストプロスト2001年末に撤退 
同一1985年~参戦ミナルディミナルディ・・・アルファタウリ
同一1958年~参戦ロータスロータス撤退       
     新規参入ジョーダンジョーダン・・・アストンマーティン
       新規参入ザウバーザウバー・・・アルファロメオ
           新規参入スチュワートスチュワートジャガー・・・レッドブル
前身チームF1参入年19871988198919901991199219931994199519961997199819992000・・・現在2021
同一1987年~参戦ラルースラルースヴェンチュリーラルースラルース撤退       
  新規参入スクーデリアイタリアスクーデリアイタリア撤退        
同一1970年~参戦マーチマーチレイトンハウスレイトンハウスマーチ撤退         
同一1980年~参戦オゼッラオゼッラフォンドメタルフォンドメタル撤退         
同一1987年~参戦コローニコローニアンドレアモーダ追放処分         
同一1962年~参戦ブラバムお休みブラバムブラバム撤退         
同一1986年~参戦AGSAGS撤退          
  新規参入リアルリアル撤退            
同一1985年~参戦ザクスピード →ザクスピード撤退            
  新規参入ユーロブルンユーロブルン撤退 新規参入シムテックシムテック撤退      
   新規参入オニクスオニクス撤退 新規参入パシフィックパシフィック撤退      
    新規参入ライフ撤退  新規参入フォルティフォルティ撤退     
     新規参入モデナ撤退   新規参入ローラ撤退    
前身チームF1参入年19871988198919901991199219931994199519961997199819992000・・・現在2021
参戦チーム数1618201918161314131112111111 10
参戦台数2931393534322628262224222222 20
※ラルースは1987年から1991年までローラがシャシー開発
※スクーデリアイタリアは1988年から1992年までダラーラ、1993年はローラがシャシーを開発

バブル期だった1990年前後のF1ブーム時はチームのエントリー数も非常に多かった。

2021年現在のエントリーは10チーム(20台)だが、1989年は20チーム(39台)が参戦していた事もあり予選に進出するための予備予選も設けられていた。

 

F1に新規参戦したものの格下カテゴリ?と思わせるようなマシンもあり、すぐに資金不足に陥り1年だけでF1撤退なんていう事も・・・

アンドレアモーダは出走を渋ったりチームオーナー逮捕などもありF1界から追放処分という珍しい最期を迎えた。

また、当時は16戦で世界各国を転戦していたが、第15戦日本(鈴鹿)と16戦オーストラリアは移動費がかさむ為その直前に撤退するチームも見られた。

とにかく、参入と運営にお金がかかるのは今も昔も変わらないですね。

一応それっぽくカラー分けした元の表も掲載しておきます^^

1987年以降の歴代F1チームの変遷(参入・撤退)

短命F1参戦チーム・ランキング(1987年~2000年)

1987年~2000年にF1参戦していたチームで短期間で撤退してしまったチームをランキング形式で紹介します。

ランキングチーム名参入年撤退年参戦年数出走GP数備考
1ローラ1997同年11開幕戦はポールのタイムから10秒以上遅く107%ルールにより予選落ち。第2戦直前にスポンサーを失ったことで使用料を払えずエンジン供給ストップ。シャシー開発・供給してきた名門ローラが独立チームとしてはまさかの1戦のみで資金難からスピード撤退。
2アンドレアモーダ1992同年19コローニを買収しF1参入、保証金を納めなかったトラブルから開幕戦を出走できず。予備予選出走を渋ったり、チームオーナーの逮捕などもありFISAがアンドレアモーダに対してF1からの追放処分を下し撤退。
3ライフ1990同年114W型12気筒の自社エンジンを搭載したマシンで新規参入。設計不良で重すぎる上に馬力不足、終盤2戦はジャッドV8エンジンに乗せ換えるも資金難もあり日本GP前に撤退。
4モデナ1991同年116地を這うような特徴的なサイドポンツーンが印象的なマシンで、ランボルギーニ社の協力を得て参戦しランボルギーニ製V12を搭載するも成績は振るわず1年で撤退。
5ヴェンチュリー1992同年116前年に倒産したラルースに対しヴェンチュリーが資本投入し再生支援。しかし、同年にヴェンチュリーが資本撤退、翌年から再びラルースへ戻ることになった。
6シムテック199419952211992年に破産したマーチのスタッフを集めF1参入。サンマリノGPでのローランド・ラッツェンバーガーの事故死、そして資金難から1995年のカナダGP前に撤退。
7オニクス19891990226F3000でステファノ・モデナがチャンピオン獲得しF1へステップアップ。1989年にステファン・ヨハンソンが3位表彰台に上がるなどしたが、翌1990年にメインスポンサーであるマネートロンの詐欺告発・逮捕もありチーム体制が弱体化しハンガリーGPを最後に撤退。
8フォルティ19951996227F3、F3000からF1へステップアップ参入。資金難から使用料支払いが滞りエンジン供給がストップされてしまいドイツGP前に撤退。
9フォンドメタル19911992229オゼッラを買収しF1参入、1991年は1台体制で参戦し、1992年は2台体制で参戦したが資金難から撤退。フォンドメタルはホイールメーカーでF1チームにもホイールを供給していた。
10リアル198819892321台体制でF1参入。2年目は2台体制で臨んだが予選不通過で成績不振。リアルはドイツのホイールメーカー。
レイトンハウス199019912321987年から提携していたマーチを買収し参戦。エイドリアン・ニューウェイ開発のマシンでイヴァン・カペリがフランスGPで2位を獲得。しかし、チームオーナー赤城明の不正融資逮捕、バブル景気崩壊によるレイトンハウス自体の業績悪化により撤退。1992年はマーチに戻った。

短命チーム第1位はローラ

前代未聞の参戦グランプリ数たったの1戦・・・

1987年からF1を見続けてきましたが、私には「名門ローラが独立チームとして参戦して走った」という記憶が全く残っていませんでした・・・><!

そんなローラ、開幕戦予選を走ったものの劇的に遅く2台揃って予選不通過(107%ルールを通過できず)。

更に、たった1戦でメインスポンサーのマスターカードが手を引くことになり撤退。

 

電光石火の参入撤退となったローラと同年1997年にはジャッキー・スチュワートらが創設したスチュワート・グランプリも新規参入していました。

スチュワート・グランプリもなかなか思うような成績が残せなかったが1999年までの3シーズン参戦したのちフォードに買収されジャガー・レーシングへと生まれ変わった。

そのジャガー・レーシングものちに買収され2005年にレッドブル・レーシングと変身した。

 

1997年に新規参戦した2チーム、ローラは1戦で撤退、一方のスチュワートは生まれ変わりながらレッドブルとなりチャンピオンを獲得し時代をけん引。

新規参入、撤退、買収で姿を変えながら参戦するチーム、変遷を振り返ってみると面白い歴史が見えてきますね^^

さいごに

今日はF1黄金期前後に参戦していたチームの変遷でした。

厳しい世界なので成績不振や資金面で数年で消えていくチームが沢山ありました。

残るだけでも難しいF1界に50年以上も参戦し名を残しているフェラーリ・マクラーレン・ウィリアムズがどれだけ偉大であるか改めて感心しました。

 

2005年から参入したレッドブルが15年以上残っているのも凄い事ですし、名前はアルファロメオに変わりながらも1993年から参戦し運営を続けているザウバーも凄いですよね^^!

これからも歴史あるチームと新しいチームとの戦いを見続けていきたいデス!

それでは^^!

↓2021年参戦チームのルーツ↓

↓2021年の最新F1ゲーム(プレステ)↓

↓懐かしい80年代、90年代のF1総集編↓

↓1967年~2006年のF1名車たち↓

参考 F1コンストラクターの一覧 – Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました