~広告~

1987年以降に参戦したF1チームの変遷表 あのチームは今・・・

GP日記
この記事は約12分で読めます。

こんばんはハッピーサトさんです^^!

F1の各チームには長い歴史がある。

名門と言われるような歴史あるチームもあれば、コロコロと名称を変えるチームもある。

また、何かとお金のかかる世界のため短期間で消滅してしまうチームも。

 

今回はF1中継がフジテレビでスタートした1987年以降に参戦した各チームの変遷を振り返ってみます。

ちなみに1987年当時からチーム名も変わらずに存続しているのはフェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズの3チームだけ。

それでは行きましょう^^!

~広告~

1987年以降に参戦したF1チームの変遷表

早速ですが、1987年以降に参戦しているチーム変遷を表にまとめてみました。

キリがないのでここでは2000年までの推移を確認をしてみます。

※基本的にはチーム名をベースに表を作っています。

右にスライドしていくとあのチームの今を確認できます^^!

前身チームF1参入年19871988198919901991199219931994199519961997199819992000・・・現在2021
同一1966年~参戦マクラーレンマクラーレン・・・マクラーレン
同一1969年~参戦ウィリアムズウィリアムズ・・・ウィリアムズ
同一1950年~参戦フェラーリフェラーリ・・・フェラーリ
トールマン1986年~参戦ベネトンベネトン・・・アルピーヌ
同一1970年~参戦ティレルティレルBARBAR・・・メルセデス
同一1978年~参戦アロウズアロウズフットワークフットワークアロウズアロウズ2002年後半に撤退 
同一1976年~参戦リジェリジェプロストプロスト2001年末に撤退 
同一1985年~参戦ミナルディミナルディ・・・アルファタウリ
同一1958年~参戦ロータスロータス撤退       
     新規参入ジョーダンジョーダン・・・アストンマーティン
       新規参入ザウバーザウバー・・・アルファロメオ
           新規参入スチュワートスチュワートジャガー・・・レッドブル
前身チームF1参入年19871988198919901991199219931994199519961997199819992000・・・現在2021
同一1987年~参戦ラルースラルースヴェンチュリーラルースラルース撤退       
  新規参入スクーデリアイタリアスクーデリアイタリア撤退        
同一1970年~参戦マーチマーチレイトンハウスレイトンハウスマーチ撤退         
同一1980年~参戦オゼッラオゼッラフォンドメタルフォンドメタル撤退         
同一1987年~参戦コローニコローニアンドレアモーダ追放処分         
同一1962年~参戦ブラバムお休みブラバムブラバム撤退         
同一1986年~参戦AGSAGS撤退          
  新規参入リアルリアル撤退            
同一1985年~参戦ザクスピード →ザクスピード撤退            
  新規参入ユーロブルンユーロブルン撤退 新規参入シムテックシムテック撤退      
   新規参入オニクスオニクス撤退 新規参入パシフィックパシフィック撤退      
    新規参入ライフ撤退  新規参入フォルティフォルティ撤退     
     新規参入モデナ撤退   新規参入ローラ撤退    
前身チームF1参入年19871988198919901991199219931994199519961997199819992000・・・現在2021
参戦チーム数1618201918161314131112111111 10
参戦台数2931393534322628262224222222 20
※ラルースは1987年から1991年までローラがシャシー開発
※スクーデリアイタリアは1988年から1992年までダラーラ、1993年はローラがシャシーを開発

バブル期だった1990年前後のF1ブーム時はチームのエントリー数も非常に多かった。

2021年現在のエントリーは10チーム(20台)だが、1989年は20チーム(39台)が参戦していた事もあり予選に進出するための予備予選も設けられていた。

 

F1に新規参戦したものの格下カテゴリ?と思わせるようなマシンもあり、すぐに資金不足に陥り1年だけでF1撤退なんていう事も・・・

アンドレアモーダは出走を渋ったりチームオーナー逮捕などもありF1界から追放処分という珍しい最期を迎えた。

また、当時は16戦で世界各国を転戦していたが、第15戦日本(鈴鹿)と16戦オーストラリアは移動費がかさむ為その直前に撤退するチームも見られた。

とにかく参入と運営にお金がかかるのは今も昔も変わらないですね。

一応それっぽくカラー分けした元の表も掲載しておきます^^;

最短F1参戦チーム・ランキング(1987年~2000年)

もう少しお待ちください・・・整理中^^;

さいごに

今日はF1黄金期前後に参戦していたチームの変遷でした。

厳しい世界なので成績不振や資金面で数年で消えていくチームが沢山ありました。

残るだけでも難しいF1界に50年以上も参戦し名を残しているフェラーリ・マクラーレン・ウィリアムズがどれだけ偉大であるか改めて感心しました。

 

2005年から参入したレッドブルが15年以上残っているのも凄い事ですし、名前はアルファロメオに変わりながらも1993年から参戦し運営を続けているザウバーも凄いですよね^^!

これからも歴史あるチームと新しいチームとの戦いを見続けていきたいデス!

それでは^^!

↓2021年参戦チームのルーツ↓

↓2021年の最新F1ゲーム(プレステ)↓

↓懐かしい80年代、90年代のF1総集編↓

↓1967年~2006年のF1名車たち↓

参考 F1コンストラクターの一覧 – Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました