~広告~

F1エンジンの歴史(1987~2021年)年度別のメーカー・気筒数の変遷

調べてみた
この記事は約11分で読めます。

こんにちはハッピーサトさんです。

2021年のF1エンジン(パワー・ユニット)は4メーカー(メルセデス、フェラーリ、ホンダ、ルノー)のV6ターボ・エンジンが採用されていました。

しかし、F1の歴史を遡ってみると1980年代のターボ時代には直列4気筒ターボやV6・V8ターボ、1989年以降のNA(ノン・ターボ)時代にはV8・V10・V12・F12・W12エンジンがあり、エンジン・メーカーが10社近く参入している時期もありました。

日本製エンジンではチャンピオン獲得エンジンとなったホンダ以外にも、トヨタ・ヤマハ・スバルがF1に参戦していました。

という事で、今回はF1で採用されたエンジン・メーカー気筒数変遷歴史について整理してみました。

1987年~2022年の間で、どのメーカーのエンジンを何チームが採用搭載していたのかを年度別に集計してみました。ブログ上で見やすくするために各時代に区切ってまとめてみました。

~広告~

1987年~1997年(ターボ~NAエンジン時代)

まずは、中嶋悟さんがフル参戦しフジテレビでF1中継が始まった1987年から1997年までの年度別のエンジン・メーカーの採用数と気筒数の変遷をまとめてみました。

 1987-1997計19871988198919901991199219931994199519961997 
フォード・コスワース666911107345533フォード・コスワース
フェラーリ1511112221112フェラーリ
ルノー15111222222ルノー
ジャッド1534422ジャッド
ホンダ9221121ホンダ
ランボルギーニ812221ランボルギーニ
ヤマハ811111111ヤマハ
無限6111111無限
イルモア61212イルモア
ハート511111ハート
BMW431BMW
プジョー41111プジョー
メルセデス3111メルセデス
ポルシェ211ポルシェ
アルファロメオ211アルファロメオ
ザクスピード211ザクスピード
スバル11スバル
ライフ11ライフ
モトーリ・モデルニ11モトーリ・モデルニ
採用合計1731618202119161314131112採用合計
シーズン 1987-1997計 19871988198919901991199219931994199519961997シーズン
※1990年のライフは、12戦までライフ製、13戦からジャッドを使用、それぞれ1カウント
※1990年のコローニは、8戦までスバル製、9戦からフォード・コスワース製を使用、それぞれ1カウント
※1991年のアロウズは、6戦までポルシェ製、7戦からフォード・コスワース製を使用、それぞれ1カウント
※1994年のザウバーエンジンはイルモア製としてカウント

1987年から1997年までの期間で最も多くのチームに採用されたエンジンは、合計66チームに採用搭載されたフォード・コスワース・エンジンでした。

特にターボ・エンジン禁止でNAエンジンに移行する必要があった1989年は、参加20チームのうち過半数を超える11チームがフォード・コスワース・エンジンを採用していました。

いかにフォード・コスワース・エンジンがF1に必要とされていたかが分かります。

 

この期間に登場したエンジン・メーカーは19社でしたが、1990年と1991年には1年に9社のエンジンが採用されていました。2022年現在のエンジン・メーカーが4社なので2倍以上という非常に多くのメーカーがF1に参入していたことが分かります。

大手メーカーのエンジン以外にも、短命でしたがザクスピード、ライフ、モトーリ・モデルニといった自社製のエンジンを開発して搭載するチームもありました。馬力・信頼性は全くありませんでしたがライフは自社製のW型12気筒エンジンを積んでいました。

 

1990年前後はバブル期とF1ブームの影響もあり、日本企業がスポンサーになったりチームを買収するなどしましたが日本製エンジンも登場していました。

そしてエンジンでもホンダは勿論のこと、スバル、ヤマハ、無限といった日本製エンジンがこの当時参戦していました。

1987年~1997年の日本製エンジンの搭載歴

・ホンダ・エンジン →マクラーレン(V6ターボ・V10、V12)、ロータス(V6ターボ)、ウィリアムズ(V6ターボ)、ティレル(V10)

・ヤマハ・エンジン →ザクスピード(V8)、ブラバム(V12)、ジョーダン(V12)、ティレル(V10)、アロウズ(V10)

・無限・エンジン →フットワーク(V10)、ロータス(V10)、リジェ(V10)、プロスト(V10)

・スバル・エンジン →コローニ(F12(水平12気筒))

ホンダはマクラーレンとの黄金期にターボでもノンターボでもチャンピオンをとりましたが、ヤマハもV8、V10、V12と異なる気筒数のエンジンを幅広く開発していました。また、いすゞ(イスズ)のV12エンジンは実践には投入されませんでしたがロータスがテスト時に搭載しました。

このように、この時期は多種多様な形状のエンジンが登場しましたが年度別の気筒数の変遷は以下の通りです。

シーズン 1987-1997計 19871988198919901991199219931994199519961997シーズン
直4ターボ642直4ターボ
V6ターボ963V6ターボ
V8ターボ211V8ターボ
V87951216148345633V8
V1052224768689V10
V12232376311V12
F1211F12
W1211W12
採用合計1731618202119161314131112採用合計

1988年までのターボ時代には直列4気筒ターボ・エンジンやV8ターボ・エンジンもありました。

NAエンジンのみとなった1989年以降はV8エンジンが多く採用され主流でしたが、1992年ごろからV8とV12エンジンは減少しV10エンジンが主流となっていきます。

そして1998年からは全チームのエンジンがV型10気筒となりました。

1998年~2005年(V10エンジン時代)

1998年以降は全チームがV10エンジンとなり参入エンジンメーカーも絞られてきました。

この時期は先ほど登場していたジャッド、ランボルギーニ、ヤマハ、イルモア、ポルシェ、アルファロメオ、ザクスピード、スバル、ライフ、モトーリ・モデルニのエンジンが撤退しリストから消滅してしまっています。

代わってワークスとしてF1に参戦したトヨタの自社製エンジンが新登場。

1998-2005計19981999200020012002200320042005
フォード・コスワース1932222332フォード・コスワース
フェラーリ1722232222フェラーリ
ルノー1223211111ルノー
メルセデス811111111メルセデス
ホンダ8122111ホンダ
BMW6111111BMW
トヨタ51112トヨタ
プジョー511111プジョー
無限3111無限
ハート211ハート
採用合計851111111111101010採用合計
※メカクローム、スーパーテック、プレイライフ名義はルノー製としてカウント
※アジアテックはプジョー製としてカウント

V10時代の期間でもフォード・コスワースが最も多くのチームに採用されました。それに匹敵したのはフェラーリ・エンジン。両社とも毎年2チーム以上にエンジンを搭載していましたが、他メーカーのエンジンは1チーム供給にとどまっていました。

そして2006年からはレギュレーション変更によりV型8気筒エンジンへと移行することになります。

2006年~2013年(V8エンジン時代)

2006年からはレギュレーション変更により全チームがV8エンジンを使用する事に。ただし、トロ・ロッソのみ2006年に搭載するV8エンジンを用意できず、特例でレブリミッター制限付きのV10エンジンを使用した。

この時期は先ほど登場していた無限、プジョー、ハートが撤退しリストから消滅してしまっています。

 2006-2013計20062007200820092010201120122013 
フェラーリ2223323333フェラーリ
ルノー2012222344ルノー
メルセデス1811133333メルセデス
フォード・コスワース1224321フォード・コスワース
トヨタ82222トヨタ
ホンダ6222ホンダ
BMW41111BMW
採用合計901111111012121211採用合計

2006年から年までの期間で最も多くのチームに採用されたエンジンは、合計22チームに採用搭載されたフェラーリ・エンジンでした。

V8エンジン移行初年度のエンジン・メーカーは7社でしたが徐々に参入数が減少し、2010年からは4社へと絞られています。

2014年~2021年(V6ターボ・エンジン時代)

そして、現在のV6ターボ・エンジン(パワーユニット)時代に突入、先ほど登場していたフォード・コスワースとトヨタが撤退しリストから消滅してしまっています。

V8エンジン時代から参入していたフェラーリ、メルセデス、ルノーに加え、第四期で復活参入したホンダの4メーカーでの戦いとなりました。

2014-2021計20142015201620172018201920202021
メルセデス2844433334メルセデス
フェラーリ2533433333フェラーリ
ルノー1942233221ルノー
ホンダ101111222ホンダ
採用合計821110111010101010採用合計

2014年以降のV6ターボ・エンジン(パワーユニット)時代に最も多くのチームに採用されたエンジンは、合計28チームに採用搭載されたメルセデス・エンジンでした。

この8年間のうちメルセデスは7度のチャンピオン・エンジンとなり他エンジンを圧倒しシーズンを支配していましたが、ついにホンダが第四期最終年にメルセデスを倒しタイトルを獲得した。

1987年から2021年のメーカー別タイトル獲得ランキング

ここでは1987年から2021年にドライバーズタイトルを獲得したチームに搭載されていたエンジン・メーカーと、タイトル獲得数を見て行きます。

まずは1987年以降の年別のドライバー・チャンピオンと搭載エンジンです。

年度チャンピオンチームエンジン
1987年ネルソン・ピケウィリアムズホンダ
1988年アイルトン・セナマクラーレンホンダ
1989年アラン・プロストマクラーレンホンダ
1990年アイルトン・セナマクラーレンホンダ
1991年アイルトン・セナマクラーレンホンダ
1992年ナイジェル・マンセルウィリアムズルノー
1993年アラン・プロストウィリアムズルノー
1994年ミハエル・シューマッハベネトンフォード・コスワース
1995年ミハエル・シューマッハベネトンルノー
1996年デイモン・ヒルウィリアムズルノー
1997年ジャック・ヴィルヌーヴウィリアムズルノー
1998年ミカ・ハッキネンマクラーレンメルセデス
1999年ミカ・ハッキネンマクラーレンメルセデス
2000年ミハエル・シューマッハフェラーリフェラーリ
2001年ミハエル・シューマッハフェラーリフェラーリ
2002年ミハエル・シューマッハフェラーリフェラーリ
2003年ミハエル・シューマッハフェラーリフェラーリ
2004年ミハエル・シューマッハフェラーリフェラーリ
2005年フェルナンド・アロンソルノールノー
2006年フェルナンド・アロンソルノールノー
2007年キミ・ライコネンフェラーリフェラーリ
2008年ルイス・ハミルトンマクラーレンメルセデス
2009年ジェンソン・バトンブラウンメルセデス
2010年セバスチャン・ベッテルレッドブルルノー
2011年セバスチャン・ベッテルレッドブルルノー
2012年セバスチャン・ベッテルレッドブルルノー
2013年セバスチャン・ベッテルレッドブルルノー
2014年ルイス・ハミルトンメルセデスメルセデス
2015年ルイス・ハミルトンメルセデスメルセデス
2016年ニコ・ロズベルグメルセデスメルセデス
2017年ルイス・ハミルトンメルセデスメルセデス
2018年ルイス・ハミルトンメルセデスメルセデス
2019年ルイス・ハミルトンメルセデスメルセデス
2020年ルイス・ハミルトンメルセデスメルセデス
2021年マックス・フェルスタッペンレッドブルホンダ

1987年以降でドライバーズ・タイトル獲得へ導いたエンジンは5メーカーのみ

おおまかには、ホンダ → ルノー → フェラーリ → ルノー → メルセデスという流れでエンジン・メーカーがシーズンを支配してきました。

その5社のエンジン・メーカーのうち、ドライバーをチャンピオンへと一番多く導いたエンジンはどのメーカーだったのでしょう。チャンピオン獲得回数でランキングにしてみました。

タイトル回数エンジン搭載チーム
11メルセデスメルセデス、マクラーレン、ブラウン
11ルノーウィリアムズ、レッドブル、ルノー、ベネトン
6フェラーリフェラーリ
6ホンダマクラーレン、レッドブル、ウィリアムズ
1フォード・コスワースベネトン

1987以降に一番多くタイトル獲得へと導いたエンジンはメルセデスとルノーでした。それぞれ11回タイトルを獲得しています。

そして、その次に多くタイトル獲得をしていたのは、フェラーリとホンダでそれぞれ6回タイトル獲得。

フォード・コスワースは1994年の1回だけとなりました(マシン不正疑惑やオーストラリアGPでのミハエル・シューマッハ疑惑の接触などもありましたが・・・)。

さいごに

今回は1987年以降のエンジン・メーカーの採用数から各時代のエンジン勢力図を振り返ってみました。

私がF1に熱中し始めた頃(1990年前後)は12気筒エンジン最強!みたいなイメージを持っていたのですが、1987年以降だとV12がチャンピオンに導いたのは1991年のホンダV12のみでした。

それ以前に12気筒エンジンがドライバーをチャンピオンに導いたのは、フェラーリに搭載されたフェラーリF12(水平12気筒)エンジンで、1979年ジョディ・シェクター、1977年&1975年ニキ・ラウダがチャンピオンとなりました。

1950年から現在までで12気筒エンジンでチャンピオン獲得に導いたのはホンダV12(1回)とフェラーリF12(3回)しかなかったのです。意外と少ないですよね^^;

 

2022年にはグラウンド・エフェクトを活用するマシン・デザインとなり、2026年には新エンジン・レギュレーションが採用され新規エンジン・メーカーの参入が噂されている。

2026年以降はエンジン・メーカーの支配・勢力図も変化していきそうで楽しみデス。

それではまた^^!

F1チームの変遷について

タイトルとURLをコピーしました