~広告~

F1アルピーヌA521・ルノー(Alpine A521 Renault)東京オートサロン2022にて

マシン写真
この記事は約2分で読めます。

こんにちはハッピーサトさんです。

2021年のF1マシン、アルピーヌA521ルノー(Alpine A521 Renault)の写真紹介です^^!

ドライバーはフェルナンド・アロンソエステバン・オコンで、搭載エンジンはルノーV6ターボ。

2022年1月に東京オートサロン2022で展示で撮影したものです。

 

展示していたマシンは、2016年のルノーRS16にアルピーヌ・カラーリングをしたものと思われます。

2021年のマシン(アルピーヌA521)と展示車の大きな違いは、3つ穴エアインテイクのスリムなインダクションポッド、フロントノーズの形状が太く&先端突起あり、フロントウィングのカスケード(翼端板内側のエアロパーツ)あり、幅狭リアウィングでスリット入り、などだと思います。

国内でフランス・ルノーのマシンをこんな間近で見れるチャンスは滅多にないと思うので非常に貴重な鑑賞が出来たと思い興奮しました^^!

アルピーヌ・A521 – Wikipedia

TOKYO AUTO SALON 2022 | 東京オートサロン公式サイト

・昨年までルノーF1チームだったがアルピーヌのブランド名を冠し参戦

・2年ぶりにF1復帰したフェルナンド・アロンソがカタールGPで3位表彰台獲得

・エステバン・オコンがハンガリーGPでF1初優勝

・コンストラクターズ・ランキング5位獲得

・エンジンはルノーV6ターボ、最大出力950馬力以上、最高回転数15,000rpm

タイトルとURLをコピーしました