~広告~

ガーデニングがラクちんになる便利グッズ(水やり・肥料・病気対策・鳥よけ)

日記
この記事は約26分で読めます。

こんにちはハッピーサトさんです。

お花とイチゴが大好きでベランダガーデニングを楽しみながら世話をして癒される日々を過ごしています。

とは言ってもガーデニングは楽しい事だけではなく大変なことも多いですよね><;

土づくり、水やり肥料やり、植え替え、病気や害虫対策、地面に広がる枯葉やゴミの片づけなどなど・・・

 

私が苦労したのはお花が常に咲いている状態にする事、そして沢山の花(プランター10台+鉢多数)を育てているので意外と水やりに一番苦労しています。

花を常に咲かせる簡単な工夫は以前紹介しましたが、今回はガーデニングがラクちんになった便利グッズを紹介していきます。

~広告~

ガーデニングにおススメの便利グッズ

必要最低限の下記アイテムはあるという前提で進めていきたいと思います^^

ジョウロ、移植ゴテ(シャベル)、土入れ、園芸ばさみ、ふるい

実際に使って苦労が減ったグッズをいくつか紹介しますが、個人的には水やりの苦労が減ったのが一番良かったです^^;

水やり

現在プランター10台と鉢数台でお花を育てているので、1度に約10リットル(バケツ1杯半~2杯)の水やりが必要な状態です。

ガーデニングをしているベランダには蛇口がないので、洗面所やふろ場から水を汲んで何往復もして水やりをしていましたがコレを買ってラクになりました。

これは20リットルの水が入るので水をためておけば、数回分の水やりがまかなえます。

プランターの台数が2~3台くらいであれば10リットルのタイプでも十分です。

水を入れるキャップ部分は大きくてお風呂の残り湯を汲んだりするのも楽ですし、レバーで開閉できる蛇口が付いているのも便利です。

それと、キャップ部分の穴が大きく手首から肘まで余裕で入るので、タンクの中をスポンジで洗うことも簡単に出来ます。

 

普段は水やり用に水をためていますが、災害時の生活用水ストックとしても役目を果たしてくれています。

私は20リットルタイプを2個購入し3年は使い続けていますが壊れることなく使用できています。

私は直射日光にさらした状態でベランダに置いてありますが、タンクも蛇口部分もプラスチックなので直射日光に当てると劣化が進むので極力日陰などに置いて保管できるとベターです。

肥料

花の種類ごとに肥料が発売されていたりして何を使えばよいか迷う所ですが、私は沢山の花(プランター6台)とイチゴ(プランター4台)に使っているのは、粒状の固形肥料と油かすの2種類だけです。

固形肥料は特にこだわっていなくてホームセンターなどで買ったものを使っていますが、油かすは園芸屋さんに教えてもらってから必ず使うようになりました。

というのも油かすを使ってビックリしたのですが、水をやると土が水を吸わずに水に浮いてしまうような状態で元気がなくなった土が生き返ります!ですので、使っていない方はぜひ試してみてください。

油かすは粉末・小粒・中粒・大粒がありますが、粒状のものであれば素手で掴んで土にズブッと差し込むような感じで簡単に与えられますし、植物同士の隙間から埋め込むのも簡単です。

逆に粉末タイプだと手が汚れたりするので、粒状の方が扱いやすいのでおススメです。

 

プランターの大きさにもよりますが1台にき3個~6個くらいを与える感じで、効果は1カ月程度は続くようです。

私は春夏秋には1~2カ月おきに与えていますが、それでもしっかりと土が生き生きとしてくれています。

この2種類(固形肥料と油かす)を与えているだけでも花は毎年元気ですし、イチゴも春に100粒以上収穫して美味しく食べることが出来ています。

病気対策

葉の病気や害虫対策も数多くの製品が発売されていてどれを使えばよいか迷う所ですが、私は10種類くらい試したのち現在はこの製品に落ち着きました。

特にうじゃうじゃ湧き出てくるアブラムシ対策には困っていましたが、この製品を使うことで散布翌日にはアブラムシが激減してくれています。

以前は手袋をはめてアブラムシを掴んで除去するか、筆や刷毛を使って除去していました。この方法は確実にアブラムシを除去できますが手間のかかる作業でした・・・

なのでこの製品を使うようになってからは害虫除去(退治)や病気予防がとってもラクになりました。

ベニカXファインスプレーはスプレー範囲が広いうえ、上下逆さまにしてもスプレー出来るので葉の裏側への散布も簡単、効果も1カ月継続するので重宝しています。

花や野菜など幅広い植物に使用できるので、これ1本だけで害虫と病気対策が出来てしまいます。

口コミでもアブラムシ、ハダニ、コガネムシなどを撲滅できたとの好評価が多かったです。一方で、葉の病気は治すというよりは予防に効果が大きいようです。

掃除道具

ガーデニング用に使いやすい掃除道具ですが、硬めで幅もあり毛の長さが短めのデッキブラシタイプがおススメです。

植え替えの時にこぼれた土やこまかな石、ほこりも集めやすいですし、ベランダの側溝にたまった水を排水溝に押し流すのにも使えます。

毛の長いほうきだと、湿った枯葉などのゴミだと重さに負けてしまい上手く集めることが出来ないです。それと、力が逃げやすくなるのでブラシ部分が回転せずにガッチリ固定されている方がおススメです。

100均にもそれらしいものは売っているので試しに探してみると良いかと思います^^;

立ったまま遠くのゴミを取ったりガーデニング棚(フラワースタンド)の下側を掃除するためにも持ち手は長いタイプが便利に感じています。

猫・鳥よけ

私のガーデニングエリアには花以外にもイチゴを育てていますが、3月~5月を中心に鳥がイチゴを食べに来てしまいます。

鳥よけ対策には超音波を出す器機を使うか防鳥ネットの2通りがおススメです。

これは鳥や猫が嫌がる超音波を発生させて寄せ付けないというグッズ。何種類かありますが大体の場合は3千円くらいで販売されています。

鳥がベランダに遊びに来て集会を開いて困っているという事でしたら、超音波撃退グッズはおススメです。

 

ただ、私の場合はベランダに飛んできた鳥を見ているのは好きなので超音波による撃退グッズは使わず、イチゴの食べ逃げ被害がでないように防鳥ネットを使っています。

防鳥ネットはホームセンターや通販でも売っていますが100均のもので十分です^^;

100均の防鳥ネットをどのようにセットしているかはコチラで紹介しています。

さいごに

今回は、あるとガーデニングがラクちんになる便利に感じたグッズを紹介しました。

苦労しながらガーデニングをするのも良いですが、その苦労がしんどくなって世話に手を抜くようになり花が可哀そうな想いをするのは辛いですよね。

ぜひ、ラクちんな方法を取り入れながら楽しくガーデニングを続けていきましょう^^!

それではまた☆

タイトルとURLをコピーしました