~広告~

佐藤琢磨選手の2020年インディ500優勝マシン

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車 マシン写真
この記事は約2分で読めます。

佐藤琢磨選手の2020年インディ500優勝マシン(Rahal Letterman Lanigan Racing IR-12)の写真紹介です。

当時所属していたチームはレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングで、2018年から2021年まで同チームで参戦していました。

2020年、佐藤琢磨選手がインディ500で2度目の優勝を遂げたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのマシン。

この美しいマシンで時速380キロもの最高速度を出して運転するのですから、改めてレーサーって恐ろしいハートを持っていると再認識・・・。

 

それにしても、2017年に佐藤琢磨選手がインディ500で初優勝した時は、夢のようなレース展開に大興奮しました。

まさか2回目の優勝をファンにプレゼントしてくれるなんて、佐藤琢磨さんは夢・希望・勇気を湧かせてくれる神的存在です!

琢磨さんがインディ500優勝した時は発狂レベルで喜びましたが

 

まさか2度目のインディ500優勝を達成してしまうとは脱帽

 

「NO ATTACK NO CHANCE」の集大成ですよね☆

2020年12月にホンダウエルカムプラザ青山での展示で撮影したものです。

~広告~

2020年インディ500優勝車

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車

フロントタイヤ。ファイアストーンのマークとOZレーシングのホイールが美しい。

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車コックピット

シールドに囲まれたコックピット内、何とかステアリングを撮影できました。

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車

搭載エンジンはホンダ製のV6ターボで、最高回転数12,000rpm、ブースト圧にもよるが700馬力と言われている。

車重はおおよそ730kg前後。

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車

700馬力プラスアルファのパワーを受け止めるリアタイヤ。

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車

アンダーフロア(トンネル)とディフューザーはとてもシンプルな構造になっていた。

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車
佐藤琢磨2020年インディ500優勝車

1枚物のリアウィングの角度、5~7度くらいでしょうか。

佐藤琢磨2020年インディ500優勝車

左回りのオーバルなので両輪とも左側へとキャンバー角が付いているのがハッキリわかる。

欲張りかもしれませんが佐藤琢磨さんの3度目のインディ500勝利を見てみたい^^!

それではまた☆

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング

タイトルとURLをコピーしました